まとめ

さて、少し神という大自然界のシステムについてまとめてみましょう。
大自然界とは霊界まで全て含んだ自然界のことですね。

さて、私達の心は、意識は私達の身体の中には存在しませんでしたね。
では、どこにあるのか、
それは私達の住むこの三次元の一つ上の次元であります四次元に存在したのでしたね。
四次元球のモデルを考えますと、見えて参りましたね。

幽界は、エネルギーの存在する世界でしたね。
例えば、熱エネルギーが幽界に存在し、それが三次元に炎として現象化される。
想念もまた、エネルギーですね。
私達の想念が三次元の世界に現象として現れる、
それは本当に、恐ろしいほど連動しておりますことが見えて参りましたよね。

さて、心の仕組みはどうなっておりましたでしょうか?
光子体(幽体)の中に魂があり、魂の中に心があり、心の中心に神様の意識がありましたよね。
心の中にはさらに理性や知性、本能、記憶の領域などがあり、それを表面意識が包んでおりましたよね。
心の中心の神様の意識は高い次元にありましたよね。
そうして神の意識から見ますと私達の魂は神様の一部でしたよね。
その神様の意識からは慈悲のエネルギーが流れ込んでおりましたよね。
その慈悲のエネルギーを私達が受け取るためには、心を綺麗にしておかなくては受け取れませんでしたね。

そのためには反省して懺悔して罪を償うこと、心の在り方を訂正すること、
さらには満足して感謝、報恩の行為、
そうしてまた、心の次元を上げ、閉ざされた過去世の記憶や神様の意識に到達しますためには、
善に徹する、ということが大切でございましたね。

そうしてまた、そういったことが私達のオーラを輝かせて下さいますから、
悪い霊の障りや災いに遭うことが無くなるのでしたよね。

脳の中には爬虫類時代の脳の領域と、哺乳類時代の脳の領域、霊的生命体としての人間の領域がありましたよね。
爬虫類の脳で生きますと闘争本能が、哺乳類の脳で生きますと欲が生じることが分かりましたよね。
さらに霊的生命体として高い意識を目指しておりますと、やがては神の意識に到達できることも分かりましたよね。

私達は、心の次元を上げることが私達に取りましてどれだけ大切かということが理解できたのですね。

闘争本能や欲で動物的に、爬虫類的に生きておりましたら苦しいですよね。
心が重くて、真っ暗な闇の中で、地獄で苦しまなくてはなりませんでしたよね。
それは死後の話ではなく、今、生きております時点で、心が地獄にいるということが分かりましたよね。
心を軽く、明るくして、感謝の気持ちで神様の慈悲の光(エネルギー)を沢山吸収して、
楽しく生きておりましたら、心は霊界のレベルまで上がれるのでしたね。
さらには正しい条件反射と正しい生活習慣、正しい判断力が身に付きますと神界まで上がれましたよね。
即ち、八正道ということですね。
講和を目指した中道の正しい在り方ということですね。
神界は八百万の神様の世界でしたね。
さらには、慈悲の心を持ちますと菩薩界まで上がれましたよね。
自我我欲を捨て、見返りを求めず、無私の気持ちで慈悲を与える、これが菩薩様でございましたよね。
さらには大宇宙と一体化しますと、如来界まで上がれるのでしたね。
如来様は神と表裏一体をなす存在でございましたよね。

モーゼ様、お釈迦様、キリスト様は如来様でございましたね。
キリスト様は愛を説き、お釈迦様は慈悲を説かれましたね。
モーゼ様は義を説かれた、それは定説とはなってはおりませんけど。
人と人とを繋ぐものは愛であり、
神から人へ、人から人へ与えられるものが慈悲であり、
人が神に対して持つべきものは義でしたね。

義は苦しみを勇気に変えて下さる、
それが信仰というものの本質でございました。
愛と慈悲は神の、大宇宙大神霊の二大要素でしたね。
信仰も他力本願は間違いで、自力本願こそが人の生きる道でございました。

さて、この世界は素粒子が全ての物質の最小要素となっております。
素粒子は神の慈悲の光として流れ込んで参ります。
それは神様の意識に他なりません。
その素粒子が電子や陽子を構成し、
電子と陽子が合わさって中性子となり、
陽子と電子、中性子が原子を構成し、
原子が分子を構成し、
分子が細胞を構成し、
細胞が臓器を構成し、
臓器が生命体を構成しております。

魂はどうでしょうか。
素粒子が魂を構成し、
魂が六人集まって魂の兄弟を構成する。
ここで、男は電子、女は陽子に相当しますね。
その魂の兄弟が幾つも集まって神を構成する。

神という生命体の、
人はたった一つの細胞に過ぎないんです。

同じようにね、
地球も、宇宙を構成するたった一つの細胞でございます。
月は電子に、地球は陽子に相当しますね。
幾つもの惑星が集まって太陽系を構成しております。
太陽系は銀河を構成し、
銀河は宇宙を構成し、
その宇宙が幾つも集まって神を構成しているのです。

人がどれだけ小さな存在であるか、
それでもその心の中には神を宿しているんです。
大宇宙を宿しているんです。
何故なら、この世界の全ての物質的なもの、現象は、
心の中が現れたものに過ぎないのですから。

まだ、書きます?
もういい?


[PR]

by yskfm | 2007-01-18 14:32 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30