こころとかたち

例えば器は、心があるから水を湛えることができるのですね。
人間が、ものを加工すると同時に、心をそのように加工したのです。

形は、心を現わします。
心は、形を現わします。
このこともね、紛れも無くお釈迦様の色不異空、空不異色、色即是空、空即是色、ですね。

そうしてまた、
四次元に存在しないものが三次元に存在しますでしょうか?
五次元に存在しないものが四次元に存在しますでしょうか?

否ですね。
四次元以高の高次元は、この三次元世界を含む心の世界なんです。
三次元世界は四次元世界が投影されたものでね、
四次元世界のほんの一部がこの三次元の宇宙空間なんです。

ですから万物に心があるんです。
四次元に存在するということは心があるということなんです。

心は意識です。
ですが人間以外の全てのものは自我を持ちませんので大宇宙大神霊の心そのものでございます。
神なんです。

万物に神が宿っている。
ですから昔の人は万物を神として崇めたんです。
実は崇めるのではなく、大切にし、そこから本質を、つまり神の意識、神理を見出さなくてはならなかったのですが、
そうして、それを私達が生きる智恵として活用するべきだったのですが、

最近は昆虫類が持つ様々な未知の科学が最先端科学として注目されておりますようでございます。
でもね、それだけではなく、そこに神理、大神霊の意識、調和に向かう智恵、心、
そういったものにも目を向けて戴きますと科学技術もより一層進歩するのではないかと思いますね。
[PR]

by yskfm | 2007-01-26 15:00 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30