竹輪の法

ここに、竹に刺した竹輪が在るとしましょう。

竹は、如来様の光です。大宇宙大自然の調和の法です。エネルギーです。

竹輪は菩薩様の慈愛なんです。

そうして、表面の焼き目、皮の部分は明神様の八正道ですね。
この皮の部分が良い具合になっておりませんと、その竹輪は不良品ということになります。
この世界を生き抜くためにも皮の部分は絶対に必要なんです。

そうして、その八正道の中には「気迫」というものが含まれているのだということ、
神界の神様、明神様の気迫なくしてはこの世界は生きていけない。

幾ら如来でも、生き仏様でも、
神霊の護りなくしてはこの世界では生きてはいけないんです。
勿論、如来様の心はどのような状況にありましても安らぎに満ちておりますでしょう。
でも、身体を維持することはできない。

人間として生きて行く上では幾ら如来様でありましても、
菩薩の慈愛を身にまとい、
明神様の八正道を身にまとい、
世俗の風習を身にまとい、
生きて行かなくてはならないのですね。

それが人としての正しい生き方なんです。
[PR]

by yskfm | 2007-04-14 02:14 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30