奪い合うことと与え合うこと

ある坊さんがこんなことをその書籍の中で書いておられました。

人と人は迷惑を掛けたり、掛けられたり、
それが正しい人の姿であるぞ。
迷惑を掛けられることにも平気にならなくてはいけないし、
迷惑を掛けることにも平気にならなくてはいけないのだ。と。

夫婦でも家族の幸せも考えず、逆に家庭を壊すようなことを平気でするような人、
パートナーに依存して、異常なまでに束縛しているような人、
幾らでも例はあると思うのですが、果たしてそれが人としての正しい姿なのでしょうか?

迷惑を掛けると云いますことはね、実は奪い合う醜い姿ではないかと私は思います。
大自然界にその調和の姿を現し、あらゆる魂の故郷となって下さっておりますこの暖かな地球でさえも、
余りにも人が多くのものを奪ってしまいました所為で調和を乱し始めているのです。

奪えばどうなるのか。
与え合う姿は愛であり繁栄をもたらしますが、
奪い合う姿は醜い欲であり、破壊をもたらすのです。

少し悪魔の思考回路について考えてみましょう。

悪魔は自らの欲のために多くのものを奪います。
その奪う心の醜さゆえに悪魔なのです。

他では決して通用することのない、自らのものさし、自らの価値観を押し付け、
それを強制するのですね。
相手の立場に立つこともなく、客観的な視点に立つこともなく、
神様のいらっしゃる外側には目を向けず、
神様のいらっしゃらない自分の方ばかり向いているのです。

それがね、奪うということなのです。
自分も苦しいですし、相手も苦しませてしまうのです。

悪魔は、決して踏み込んではならない人の権利にまで踏み込んで、
自らの価値観を押し付けて強制し、我欲を満たそうとするのです。

どんなに醜い姿でありますことでしょうか。

勿論、御病気などで人に迷惑を掛けなければ生きていられない人もおりますでしょう。
それは仕方がないのです。
でも、決して迷惑を掛け続けて良いというものではありませんね。
一刻も早く正しい姿に戻って下さらなくてはいけないのです。

奪おうとする心は悪魔の心でございます。
与えようとする心は神の心でございます。

皆が健康で強い神様の心でありましたら、
どんなに素晴らしい社会になることだろうかと思いますね。
[PR]

by yskfm | 2007-09-01 01:32 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30