法律

詐欺師が逮捕される。
そのようなことは日常茶飯事に発生しております事象でございます。

刑法で裁かれて有罪判決を受ける。
罰金、或いは執行猶予付きの判決、或いはまた、数年程度の懲役。
残念ながらそこでは被害者の賠償問題に付いては論じられません。
刑法は慈悲の心を持って犯罪者を社会復帰させることを第一に考えておりますから
そうなるのでしょうけど、

ここでもし、被害者が損害賠償を請求するとしますと、
民事での裁判署への告訴が必要となります。
裁判費用は百万円を下りませんでしょう。

この在り方が正しいのかは私には判断できません。
でも、合理性には欠けているのではないかと思います。

スパマーが一日に迷惑メールを1万件送信する。
年間100日送信したとして、トータル件数は百万件となります。
これを広告代理店に依頼して広告を打ちますと1件10円程度でしょうから、
このスパマーは年間1千万円分、社会に対して迷惑を及ぼしている、
金銭を騙し取っているということになります。
被害者に対しても当然、少なくとも1件10円程度の損害賠償は発生するはずでございます。

倫理的には非常に好ましくないことなのですが、
犯罪を数値化する。或いは金額化する。
そういった考え方も刑法に取り入れられるとより合理性が生じるのではないかと思うのです。

一千万円の罪では懲役10年、とかね。
で、懲役の在り方も、きちんと損害賠償できるように、
10年で一千万円返し切れるような仕事を懲役に課すのです。

勿論、殺人などの場合には、
人の命を金額に換算するなどといったことはありえないことなのですけど、
でも、きちんと遺族にはそれなりの賠償をして差し上げなくてはいけませんね。
ですから、犯罪者の財産、未来における労働量を金額に換算して、
国が責任を持って相当の仕事を懲役に課し、
遺族にその全額を損害賠償として支払って差し上げる。

今後はそのような法的整備がなされますと良いのではないかと思うのですね。
[PR]

by yskfm | 2007-09-29 19:00 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30