ま、その2

昨夜、就寝時に私の意識下に何者かが入り込んで参りまして、
端下金がどうのこうのと云い始めました。

これは私の意識が招いてしまった「ま」ですね。
「端下金などと勘違いも甚だしい!」と叱り付けまして、
例の「祈り」で光を浴びせて追い出したのですけど、

お金と云いますものを人生の目的にしてしまいますといけません。
経済活動を行なうツールに過ぎないのですから。
そしてまた、お金は、愛といいます正しい法によって得るべきものでございます。
社会への労働という形での貢献、
人の幸福を願う行為、
そういったものの見返りとして得るべきものであるように思います。

また、たとえそういった愛によって正しく得たのではないお金でありましても、
神様の御慈悲によりまして得ることができたものであり、
それを端下金などと、間違っても思ってはいけませんね。
どんなに少ない額でも、大切に、大切に使わせて戴かなくてはならないものでございます。


人間、生きておりまして、
四六時中正しい想念でおりますことはどうしても無理がございます。

心は吹き乱れる風の如し。

ですから、反省して、反省して、反省して、
それでも完璧な反省は困難なものでございます。
反省が不完全で心に闇がありますと、「ま」はどうしても忍び込んで参ります。
それも学びなのでしょうね。
条件反射を訂正するための学びなんですね。
[PR]

by yskfm | 2007-10-10 11:03 | 第一部、日々のこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30