酷い!ぶったわね!!パパにだって・・・

その昔、キリスト様はこのように教えられました。

「右の頬を打たれれば左の頬を向けて差し上げなさい。
誰かがあなたに50マイル歩かせるのなら、あなたはその人と一緒に百マイル歩いて差し上げなさい。
相手が望むものは何でも差し上げなさい。」
と。

これが慈悲の心以外の何物でもないことに気付かれます方は多いと思います。
そうして、ここで一つ気づいて下さらなくてはいけないのが、
キリスト様の「愛」には、慈悲の要素も含まれているのだといううことでございます。

慈悲というものの本来の姿を教えるには、
これ以上の教えはありませんでしょう。
慈悲とはまさに、望むものを与えて差し上げますことなのですから。

そうして、この慈悲の行為が間違いなく実践できるようになりますと、
まさに菩薩様でございますね。

でもね、違うのです。
キリスト様やお釈迦様の心の琴線は、決してそうではないのです。
キリスト様やお釈迦様が、皆の望むものを何でもお与えになられたか、
それは否なんです。

その矛盾がね、高校生でありました頃の私には分からなかったのですけど、

確かにね、上記の教えは慈悲といいますものの側面から見ますと正しいものでございました。
でもね、八正道、つまり神様の立場で客観的に見た中道の在り方から見ますと、
それは時と場合がありますことにお気付き下さらなくてはなりませんね。

相手の望むものを与えて差し上げますことが必ずしも正しいことではないのです。
慈悲の心を持った上で、
神様の立場で客観的に見た中道の正しい在り方を、
八正道を実践する、ということが正しい在り方なのです。

よく、そこいら辺りに誤解が生まれます。

そこまで突き詰めて考えてみないから、
人は神仏を信仰することを忘れて、宗教を信仰してしまうのです。

賢い、と、聡いの違いですね。

賢い、は知性的な能力ですね。
聡い、は理性的な能力なんです。
賢くても、聡くなければ愚かなんです。
聡くなって下さいますようお願いしますね。
[PR]

by yskfm | 2007-10-17 13:07 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30