狐憑き、堕落に至るケース3

その家族はある新興宗教の熱心な信者でございました。

毎日、朝夕に家族揃って御本尊を飾った仏壇の前で御題目を唱え、
毎週の会合には家族揃って参加しておりました。

長男が高校生の頃でございました。
年頃ということもありまして、やはり異性に興味を持ちまして、
書店に売られておりました真言密教の入門書を買って参りまして、
異性の心を惹き付けたいと、
そこに書かれておりました人を惹き付ける法を毎日毎日訓練したのですね。

そうしますとね、その長男がどんどん狐に似てくるのです。
自分では気付いてはいないのですけど、
顔付きから動作まで、狐そっくりなんです。

霊域の悪い宗教団体の会合に出て狐を連れて帰り、
その狐が欲心で夢中になって修法する長男の心に入り込んでしまったのですね。

動物霊や地獄霊の暗躍する霊域の悪い宗教団体、
それに、我欲を満たすために無心になって修法すること、
本当に恐ろしいことでございます。

無心だから、心が空っぽですから悪いものが入り易くなるのです。
我欲を満たそうとする暗い想念ですから、悪いものに狙われてしまうのです。
そうして、
客観的な正しい視点で本質を見抜くこともせずに、盲目的に宗教を信仰してしまいますから、
こういった恐ろしい現象が生じてしまうのですね。
[PR]

by yskfm | 2008-01-07 12:21 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30