日々是毒饅頭

高橋信次先生の喩えのなかに毒饅頭の喩えが度々登場します。
全ての人間が毒饅頭を食べさせたり、食べさせられたりしておりますわけでありまして、

毒饅頭を食べてしまわないように注意すること、
食べてしまった毒饅頭は溜め込まないようにすること、
毒饅頭を食べさせた相手も恨んだりせず赦してあげること、
そうしてまた、毒饅頭を人に食べさせないように注意すること、

こういったことが大切であるよと述べられております。

毒饅頭は愚痴とか、悪口とか、間違った想念とか、怒りの心とか、
そういった不調和なものですね。
それを食べてしまうと不調和になってしまう。
ですから反省といった行為で毒饅頭を解毒するのですね。
忍辱と辛抱は違うよ、と先生は仰られます。
忍辱は我慢することではなく毒饅頭に対して心を鎮めて冷静に対処することで、
辛抱は毒饅頭を蓄積させることですから、
辛抱ではなくて忍辱が大切なのだよ。と仰っておられます。
そうして、毒饅頭を食べさせた相手を恨むと自分が苦しくなるよ。と
毒饅頭を食べさせた人もそのことで同じように苦しみを生じることになるでしょう。と
何れはどこかで清算しなくてはいけなくなるということですね。

毒饅頭を食べさせられて、
その仕返しに毒饅頭を食べさせようとしておりますと、
どんどん苦しみは増し、環境は悪化して、
心が地獄の方に向いてしまうのですね。
そこに地獄霊が暗躍するようになるのですね。

誰の心にも魔や地獄霊は入り込んで参ります。
私は大丈夫だ、って、そのようなことはないのです。
気付かないだけで今も頻繁に入られているのです。
皆がそうなのですよ。

ですから気付いて下さいませんといけません。
ですから常に光の方向を向くように反省の習慣が本当に大切なんですね。
[PR]

by yskfm | 2008-05-17 11:18 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30