法、その2

間違った法もある。

低い次元の法もある。

魔は自らの権威と立場を保つために間違った法を広めるだろう。

自己満足のために低い次元の法を広めるものも多いだろう。

未熟な者はその見極めさえできない。

そうして、自ら危険に足を踏み入れて後悔するのだ。

疑うこと。

自らが心の底から納得できるまで疑い、見極める、

その訓練も大切なものだと思う。

最初に人が躓くのは、まず誰のために生きるのか、ということ。

それは勿論自分のために生きるのだ。

ただ、自分のことだけに終始していてもそこからは何も生まれない。

心は暗く深く沈んで行くだけだろう。

人のために神の愛の中に生きてこそ、

その愛は、その慈悲は、その暖かな想いは幸せを生むのだ。

そうして必ずまた自分に戻って来る。

大きくなって戻って来る。

それこそが神の子としての真の幸せなのだ。

真の歓びなのだ。

そこから自他同一ということも理解できるだろう。

心も一段と成長できるだろう。

愛だって、優しさだって、信念だって、心の強さだって、

一段と大きくなり逞しくもなれるのだ。
[PR]

by yskfm | 2008-07-20 00:56 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30