ノラの命

ノラの命は儚いものでございます。

全く見掛けなくなっておりましたワルとオドの茶毛コンビが、

既に死んでしまっておりましたことが判明しました。

原因は分かりません。

悪いものを食べたのか、

怪我したのか、

傷つけられたのか、

病気なのか、

その小さな命は、一年もしない間に失われてしまったのですね。

ノラとして生まれて、

生まれて来たことが良かったのか悪かったのか、

そこに何らかの意味があったのか、

無かったのか、

何のための命だったのか、

幸せだったのかそうではなかったのか、

それは私にも分かりません。

神様は、その小さな命を、この世界の管理を私達ヒトに任せて下さったのです。

神様の子供の中で最も傲慢で、最も未熟な人類に任せられたのです。

それを私達はもう一度認識しなくてはいけないように思います。


太陽にも心はあるのです。

太陽は、無償で命の限り、光を与えて下さっている。

不満も無く、秩序を乱すことも無く。

恐らく、その心の中には、愛しかないのでしょう。

その太陽にも心がある。

それは事実なんです。


宇宙は私達の身体と同様の高次元体の仕組みで構成されているのです。

銀河系は臓器・器官ですね。

そして太陽系は細胞なんです。

太陽は、細胞の中にある核なんです。

惑星や衛星は細胞を構成する要素ですね。

ですから、宇宙に存在する恒星の数と私達人間の身体に存在する細胞の数は、

同じなんですよ。

これは先生も仰っておられますけど、

その細胞の一つ一つが高次元体であり、心を併せ持っているのです。

太陽も同じなんです。

全てが、神様の子供であり、愛を持ち、慈悲の心を持っているのです。

そして、調和を目的に存在しているのです。

悲しみもあり、喜びもある。

本当なんですよ。


ですから私達人も太陽のようにならなくてはいけない。

命は、特に小さな命は、大切にして差し上げて下さい。
[PR]

by yskfm | 2008-11-12 00:17 | 第二部、魂
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30