人生の閉塞と解放

人生が閉塞して行くなんて人は多いものでございまして、

人生がどんどん良くなって参ります人は少ないものでございます。

人間80年、と申しますけど、80年程度だから良いのでありまして、

これがドラキュラのように数百年、数千年と生き続けておりますと、

殆どの人が人生が閉塞して、

身動きが取れなくなって自殺しなくてはいけないようになってしまいますね。

では、どうして人生が閉塞して行くのでしょうか。

人生が閉塞して行く人には共通点があるように思いますね。

自らの罪を認めず、人を責めて人を赦さなければ、

ご自身も赦されることはありませんから、

折角のご縁も無駄になってしまい、

ご縁の数だけ人生を閉塞させてしまう、と、

そういった仕組みになっておりますようでございます。

最近のお医者さん事情もそうですよね。

リスクの高い手術をお願いして、それで命が失われてしまいますと医者を責める。

遺族は徹底的に責任の所在を追及して、医師を決して赦そうとはしない。

リスクの高い手術なのですからそれで命が失われてしまいますことは、

誰に責任がなくても生じる現象なのですけど、

それで感謝の気持ちも忘れて責め立てるのですね。

それでお医者様になる人が減ってしまって、救急患者がたらい回しにされて命を失ってしまう。

自らの罪を認めず、人を責めて赦さなければ、

どのような事象でも閉塞してしまうのですね。

では、そうならないようにするにはどうすれば良いのか、

人生を閉塞ではなく解放に向かわせるためにはどうすれば良いのか、

それはね、人を赦すことでございますよ。

一人でも沢山の人を赦して、反省すれば慈悲の心で赦して差し上げて、

それと共にご自身の中に責任の所在を追及することなのですね。

人を赦すだけではいけないのです。

ご自身も、一人でも沢山の人に赦されなくてはいけないのです。

ですから、ご自身も深く深く反省してご自身の中に責任の所在を見出して懺悔して、

間違った、或いは偏った在り方を訂正しませんと、

誰も赦しては下さいませんね。

ご自身が過ちを認めない人を赦さないように、ご自身も赦されないのですね。

これはね、難しいことでございますよ。

だって、人のことは良く見えるのですけど、

自分ことは余り見えないのです。

だって顔は自分の方ではなくて外を向いているのですから。

ですから、客観的な視点を持たなくてはいけないのです。

何度も申し上げておりますけど、客観的な神様の視点で反省する、ってね、

そういうことなのですよ。
[PR]

by yskfm | 2008-11-21 00:51 | 第二部、神理
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30