表通りの花屋に寄って目に映る花を買いはたいてきた

表通りの花屋、

表通りでは流行物だけを扱っているのですね。

華やかでゴージャスで、めっちゃ高いのです。

で、売れ残ったものは裏通りの花屋さんに払い下げられるのですね。

裏通りの花屋さんは安くて、庶民向けのお店でございます。

表通りは儲けが多く、裏通りはそれなり、なんです。

人はウインドウショッピングをするにしましても、表通りを歩くのです。

決して裏通りをウインドウショッピングしたりはしないのです。

それはゴージャスなものを見ると心が華やぐから、

裏通りを歩いても心が華やかないから。

ですから裏通りの花屋を利用する人は地元の人間ばかりなのです。

そんな表通りの花屋さんで目に映る花を買いはたいて来た

恐らく、見栄えの良い高価な花に有り金全部注ぎ込んじゃったってことなのでしょう。

言葉には必ずそのような奥行きがありますね。

一つの言葉からどれだけの本質を感じ取れるか、

そこに理解や感受性は存在するのですね。
[PR]

by yskfm | 2008-11-27 08:52 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30