慈悲を前提とした家族全員の協調の下に

家族運営とは、難しいものでございます。

勿論、それは表題の通りに、

慈悲を前提とした家族全員の参加と協調の下に民主的に運営されるべきであり、

家族全員が幸せでありませんと、

どこかに家族運営の歪みが生じているのではないかと思われるのですけど、

でも最近はいがみ合うご家庭が本当に多いですね。

やれ年金をよこせ、だとか、ご主人が生活費を入れないなど、

本当に、よく辛抱していらっしゃるものだなって考えてしまいますね。

ここに、こんな家族がおりまして、

いや、いると仮定しまして、経済的にどのように考えれば良いのか、

私なりの考えをお話させて戴きたいと思うのですけど、

婆様 68歳 年金、二ヶ月18万円(月額9万円)
ご主人 37歳 会社員 月収32万円
奥様 29歳 専業主婦 収入なし
長男 8歳 私立小学校二年生
住居は婆様名義 50坪
光熱費 月4万円
長男の教育関連費用 月16万円
食費、雑費 月5万円

としますと、

まず、長男の教育関連費はご主人様の月収の32万円の中から16万円
勿論婆様が教育に口を出されるようでしたら口出し料を出して下さいませんといけませんね。

次に家賃は若夫婦の残りの16万円から3万円程度を婆様に渡して下さいませんといけません。

食費と雑費、光熱費の9万円は婆様とご主人と奥様それぞれ3万円ずつ、
勿論奥様の分もご主人の収入から出されるべきですね。

ここで残額はそれぞれ、

婆様 9万円 ご主人 7万円 奥様 0円

となります。

でもね、ご主人の収入の半額は、奥様の家事労働に対する報酬であり、
それは決して全額がご主人が自由にできるご主人の収入ではないのですね。

ですから、婆様 9万円 ご主人3.5万円 奥様3.5万円

それがご家族様皆様の自由にできるお小遣いでございますね。

その中から貯蓄するもよし、遊興費に使うもよし、

ただ経済的なことが家族の全てではありませんからね、

バランスが取れないようでありましても助け合い、共に皆が幸せにお過ごし下さいますように、

ご尽力下さいますことが大切でございますよ。
 
[PR]

by yskfm | 2008-11-29 11:17 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30