毎年大きくなって行くもの

私の家では、この6年間、毎年布袋様が大きくなって参りましたわけでございますが、

大きくなって参りますものは別に布袋様に限らず、

海では鰤と云いますような出世魚も、

つばすからはまちへ、はまちからぶりへと、

より大きく、より美味しく、より脂が乗って参りますもので、

恐らくは殆どの方が、つばすよりははまちが好きで、

はまちよりはぶりが好きなのではないかと思うのです。

私も今朝、ぶりの切り落とし157円をお刺身で戴きましたけど、

今の時期はぶりが本当に美味しい時季でございますね。

そしてまた、人も毎年大きくなっていかなくてはいけないものでございます。

友人を持つにしましても、

利用して助けてもらうだけの人間関係は友人であるとは考え難いものでございまして、

助けて差し上げるためのご友人、助け合い支え合い、励ましあう友人関係が、

真に魂の成長にための友人関係であると感じるのでございます。

そしてまた、人生に対する向き合い方にしましても、

向き合い方如何で魂をどれだけ大きく成長させられるかが変わって参りますものでございます。

人間には運命なんてものはないと、私はそのように考えるのですけど、

人には、使命と、その向き合い方、関わり方しかないのだ、と思うのです。

慈愛を持って調和の方向に努力する。

それだけのことではないかと思うのです。

そうすることによって命が輝き、魂も大きくなって行くのです。

ところで、調和って、難しい言葉ですね。

協調も調和に含まれますし、

プラス思考で力一杯に、

楽しく、周りの環境を生かすように関わる、といったことも、

調和に含まれます。

柔軟に、遣り甲斐を持って楽しく、智恵を振り絞って、堅実に、建設的に、

犠牲を厭わず、努力を厭わず、

未来に向かって輪廻が良い方向に転がって行くように、

そういったことが全て調和の中に含まれているのです。

樹が花を咲かせるように、全体として一つの美を、調和の姿を構成するように、

愛が命を育み、命が愛を育むように、

全ての命が命の中に悦びを得るように、

全ての存在が悦んで愛を大きくする調和の営みを、

大神霊のそのお望みになられるところの在り方を、

その光の道を悦びに満ちて邁進するように、

私たちは永遠にその調和の姿を維持し続けて行かなくてはいけないのです。

布袋様も7年でまた小さな布袋様に戻ってしまってはいけないのですね。
[PR]

by yskfm | 2009-01-05 01:19 | 第二部、神理
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30