覚悟

私は忠臣蔵が好きでしてね、

吉良上野介の周りに大石内蔵助とその配下47士が恭しく畏まりまして、

大石内蔵助が吉良上野介に短刀を差し出し、

「吉良殿、そろそろお覚悟を」と申し上げるのです。

そうしますと、吉良上野介は、

「いやじゃ、いやじゃ、まだ死にとうはない。」と首を横に振るのです。


このところ、近畿圏ではタクシー強盗が頻発しておりますようでございます。

捕まった一人の容疑者は、やはり派遣切りの被害者でありましたようで、

昨日は昨日で私のところにチェーンメールが送られておりました。

同じ文章を何人かに回さないとどうのこうのというやつですね。

国政上の問題もありますでしょう。

人の心の冷たさもありますでしょう。

育った環境も当然の如くありますでしょう。

様々な原因があっての犯行なのかも知れません。

でもね、どうして、自分さえ良ければと考えるのでしょうか。

自分はどうなっても良い、周りに迷惑は掛けたくない。

と、何故そのように思えないのでしょうか。

それは決して他の問題に責任転嫁できない、ご自身のお心の弱さ、未熟さ、

ではないかと思いますよ。

覚悟すること。

自分はどうなっても良いのだと、死をも恐れない覚悟をするのです。

その時に、人は心からの想いが強い念になって守護霊様に伝わりますね。

綺麗な光が放たれるから悪いものも離れざるを得なくなって、

そうして魂からの声が出るようになるのです。

守護霊様もようやく護って差し上げることができるようになるのです。

だから私は、「一度地獄を見てみたら良いよ」と申し上げるのです。

地獄を見て自らの覚悟の再確認をする。

覚悟をさらに強固なものにして魂を強化し、浄化するのです。

「いやじゃいやじゃ」と人に迷惑ばかり掛けておりますようでは、救えないのです。

でも一旦覚悟をしますと、どんなに人は強くなれますでしょうか。


ですから、人は泣き虫ではいけませんよ。

自分のことで泣いておりましたら余計に弱くなってしまう。

地獄さえも恐れぬ覚悟で命の限り力強く生きるのです。

その覚悟が、ご自身を救いますでしょう。

守護霊様が必ず救って下さるのです。

その決意を持って、私たちは生まれて来ているのです。

そうして、たとえ身体は滅んでも魂は決して滅ぶことはないのです。


どうか、そろそろお覚悟を、なさって下さいませ。

私も、その覚悟で生きておりますよ。
[PR]

by yskfm | 2009-01-07 14:29 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30