勿体無い感覚

昔から私は本を読むことが嫌いな人間でございました。

ですから、本は沢山あるのですけど、好きな分野に偏っているのですね。

で、その好きな分野の本も主に「積読」という読書方法でございまして、

パラパラ捲って眺めておりますような感じなんです。

でもね、それでも何回もパラパラしておりますと

内容が次第に見えて来るといったようなこともございまして、

何なんでしょうね、あれって。

不思議に感じるのですけど、いつの間にか全部理解している、なんてことになっているのですね。

でも、そうは申しましても、昔からの読書嫌いの所為で記憶力もかなり悪くて、

人が100覚えるところを1しか覚えていない、程度の進歩具合なのですけど、

ですから人生も、私の場合、牛歩戦術で歩ませて戴いております次第でございます。

記憶できない。

覚えない。

そうしますと、一つのことを大切にするのですね。

ホームページの製作でもね、

こんなことはできないか、あんなことはできないか、

と、色々いじり回してみるようになるのです。

ですから、私のサイトでも、

インデックス形式やガイダンス形式、メニューバー形式、

タブ形式、JAVAを使ったもの、(この2種はUPしておりませんけど、)

と、様々なデザインが入り乱れておりますわけでございます。


パソコンもねジャンクのパソコンを購入して参りまして、

何とか動くようにできないものか、と色々といじり回してみるわけでございます。

そうして壊れたパソコンでも大切にしましてね、

時間を掛けて活かす方法を考えておりますと、

それがいつかは必ず息を吹き返すのですね。

まあ、多少は解剖分解で致命的なことになって捨てられたパソコンも少なくはありませんけどね。


ビジュアルベーシックもそうですね。

ビジュアルベーシックにはキー付きファイルという概念がないのですね。

データベースを使えば良いだけの話なのですから。

でもそうしますとおおごとになりますし、

私もデータベースを覚えて活用する程に器用な人間ではありませんから。

(余り新しいことは覚えたくないというのが正直なところです。)

ですから、キー付きファイルのようなことをプログラムの中でやってしまう。

そういうようなプログラムを組んでしまうのです。


ひとつ覚えたら、また新しいことを次から次に覚える。

それができる人は素晴らしいなと思います。

でもそうしますとね、私の場合、脳の神経とか迷走神経が加熱しちゃうのですね。

学生の頃の試験の前とか、サラリーマンの頃はもう加熱しっぱなしで、

ストレスが半端ないですから、

それはよしこさんにして、別の方法を考えるのです。

あの方法ではダメかな、この方法ではどうだろうか、

ってね、考えるのです。

そうすると案外簡単にできてしまったりするのですね。


人生もそうだと思います。

少ない労力やリソースで色んな方向から考えて、いじり回して、

そうしますとね、欲張って色んなことに手を出さなくても楽しいのですね。

で、案外に新しい発見があったりするのです。

どうもそれが、物を捨てられない勿体無い精神にも繋がっているようですけど、

だってね、思い切り良く捨ててしまうのって勿体無くありませんか?

私はこんな性格なのでそう感じるのかも知れませんけど、

これからもひとつのものを大切に大切にいじり回して行くのだろうなと思います。

それが私の人生なんだろうなってね、そう感じるのです。
[PR]

by yskfm | 2009-04-10 15:37 | 第二部、今生
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30