小宇宙、人体

私たちの身体の細胞には心がございます。

これももう幾度となく書かせて戴いておりますことでございます。

そうして、その細胞の全ての心には、「命を生かす」という確固たる信念が刻み込まれております。

心臓は頑張りやさんで、肝臓は辛抱強い、

それもまた、この「命を生かす」という確固とした信念があってのことであるように思います。

彼ら、即ちこの心を有する細胞の一つ一つはね、

私たち身体の支配者、ご主人様の今生での修行が問題なく行えますように、

私たちの身体に入って、家族の一員として私たちを支えて下さっているのですね。


さて、私たちはこの身体の支配者として、管理者として、

問題なくこの身体を管理、支配することができておりますでしょうか?

たとえばね、胃が空腹を訴えているとしましょう。

その情報は脳を経由して私たちの意識に伝えられるのですけど、

ここで私たちは、その情報の真偽を見極めることが大切でございます。

そうして、時にはその訴えを取り入れ、また時には却下し、

正しく中道の生活を心がけなくてはなりません。


だって、胃の訴えに応じて食べてばかりおりましたら、

私たちは直ぐにおでぶちゃんになってしまいますからね。

胃は、とにかく私たちがおでぶちゃんになろうがそんなことはお構いなしに、

命を生かすために空腹であることを忠実に報告して下さるのですから。


さて、歳を重ねますと、次第に無理が利かなくなって参ります。

食べ過ぎますと直ぐに変調を生じ、

その変調が続きますと、大きな病へと進展して参ります。

若い頃はね、無理ができたのです。

でも40代半ばを過ぎて参りますと、いろんなところにガタが出て参りましてね、

もう、本当にこれは生活を正さないことには命が危ないな、と

私などはそう感じるのですけど、


市販のお薬と、光療法といいますものでね、

なんとか騙し騙し、曲がりなりにも健康状態を維持しているのですね。

若い頃から、しっかりと身体を管理・支配しておりますと、

もっともっと命は永く持つのです。

食事だけではありませんよ。

脳と身体を適度に正しく働かせて、

身体を常に清潔に保ち、

怒りの毒を放出せず、

常に安らかな心で楽しく悦びの中に中道の生活を心掛けておりましたら、

髪の毛だってそんなに抜けることはありませんでしょうし、

そんなに物忘れしたりすることもありませんでしょう。

身体が動き難くなるということもないのです。

それをね、怠ったばかりに命を縮めてしまう。

これはね、本当に残念なことでございますね。


折角、沢山の魂の協力を得て今生を生きることができたのですから、

お若い方もね、そうではない皆様も、

今一度正しい生活習慣を見直して、

正しく身体を管理・支配することを実践して下さいましたら、

命はどれほどか長く持ちますでしょう。

くれぐれもね、

無茶したらいかんですよ。

無茶したらね。
[PR]

by yskfm | 2009-05-31 09:46 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30