ローストビーフの呪い

おっさんはね、

皆さんもご存知のようにローストビーフ大好き人間じゃあないですか。

こんなに美味しいものがこの地上に存在する。

これはもうこの上なく幸せなことでございましてね、

もし明日、核戦争で地球が滅びるような状況に陥りましたら、

せめて最後の食事は腹一杯ローストビーフを食べようと、

心に固く誓っておるのでございまして、


ですから、時折に夕刻スーパーで半額の見切りシールが貼られる頃合を見計らいまして、

いそいそと買出しに出かけるのですけど、

やはりどうもおっさんと似たようなローストビーフ大好き人間は沢山存在しておりますようでございまして、

ローストビーフは見る影も無い、と、そのような日もあるのでございます。


ですからね、おっさんも命がけでございますよ。

何が何でも半額のローストビーフを手に入れるのだ、と目を血走らせて、

ローストビーフ一直線、

なんてテレビアニメのタイトルのようなことになってしまうのでありましてね、

まあ、おっさんも想像以上に心の狭い人間でありますことが自覚できるのでございます。


ところがね、ところが、

困ったことに、このスーパーの客はね、

半額商品が並べられるのを今か今かとレーゾーコの前で立って待っているのです。

半額商品が並べられたその際に半額商品を獲得する有利な場所を占有して、

じっと突っ立っているのです。

5分でも、10分でも、半額商品が並べられるまでね、

レーゾーコを占拠するのです。

ローストビーフのレーゾーコの前もね、

ローストビーフのレーゾーコを塞ぐかのように、

ローストビーフを買わない沢山の客が突っ立って、

おっさんがローストビーフに手を伸ばすことを妨害するのです。

ったく憎たらしい奥様方でございます。


ですからね、おっさんは奥の手を使うのです。

名付けてローストビーフの呪い作戦。

そうしますと必ずその場所を譲って下さいます。

その効果はもう100%!

それはね、

突っ立っている人の耳元でただ呟くだけなのです。

でね、こう呟くのです。

「わしのローストビーフ、わしのローストビーフ」

これを場所を空けて下さるまで呟くのです。

そうしますとね、本当に、

必ず気味悪がって退いてくれよりますね。
[PR]

by yskfm | 2009-08-19 09:22 | 第二部、今生
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30