うろこんを落とす

丁度、私が高校生の頃に関数電卓というようなものが登場しまして、

計算式を覚えさせられるのですね。

それで、その関数電卓に色んな関数式を記憶させまして、

ジャンプゲーム、とか、ゴルフゲームとか、作りました。

そのゲームをね、シャープさんに送ってみましたら、後日ボールペンが届いておりました。


ワープロやパソコンなんてものも、その頃登場しましてね、

よくデパートの家電売り場のパソコンを触って遊んでおりましたものでございます。


大学生になりまして、念願のポケットコンピューターを購入しまして、

ゲームを沢山作りましたね。

静電気か何かでよくエラーが出ましたけど、

メーカーに持っていって直して下さいとお願いしましても、

「壊れていません」と返答が返って来る。

そんな私にも就職活動の時期がやって参りまして、

最初に採用して下さいました会社でコンピューターの知識を徹底的に叩き込まれまして、

その知識を利用して、ポケットコンピューターで動くアセンブラのエミュレーターなんぞを作りました。

乗算するだけのプログラムが3分程も掛かってしまうというものでしたけど、

その頃はそんなことが本当に楽しかったのですね。


その頃に、まあ、最先端な分野では、人工知能、なんて言葉が登場致しまして、

どんなんかなー、と思いながらも今まで忘れておったのです。


私もまだまだ知らないことが沢山ございます。

そして様々な分野の最先端な人たちは時にはとんでもない異世界の発想を繰り広げます。

そういった異世界の発想をね、色んな人たちが本に凝縮して下さっている。

ですから、本を読むだけで新しい発想や異世界の知識を得ることができるのです。

そうして、そういった発想や知識はうろこんを落とし、視野を広げさせて下さるのです。


ですから、人工知能の本も買ってこようかなあと思うのです。

人工知能の考え方が何か今のおっさんに必要なような気がしているのです。

目からうろこん、落ちるかなあ。
[PR]

by yskfm | 2009-09-18 08:44 | 第二部、今生
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30