おっさんの育児理論

子が生まれます。

いえ、生まれたとします。

生まれたばかりの赤ん坊は、まだ何もできません。

泣くことか、お乳を吸うことしかできません。

それが暫くしますと笑うようになり、這い這いするようになり、

どんなことにでも興味を示すようになります。


さて、この赤ちゃんは、二十歳になると自動的に一通りのことができるようになるでしょうか?

No!ですよね。

自動的にはなりませんよね。

沢山の知識を吸収して、沢山の経験を積み重ねて、

成功もして、失敗もして、その中から沢山の生きた学びを得て、

そうしてようやく二十歳になって成人の仲間入りをして、

社会にも立派に通用できるようになるのです。


0歳から二十歳までの間はね、

ですからできるだけのことはやっておかなくてはいけませんね。

可能な限り様々なことにチャレンジして、

可能な限り沢山の成功と失敗を繰り返して、

甘い汁も、しょっぱい汁も、苦い汁も、

沢山味わって、そこから自分なりの生きた智恵を身に付けて、

経験値を増やしておかなくてはいけませんね。

そうしませんと、何もできない人間に育ってしまうのですから。


ところでね、

勉強勉強で外に出て太陽の光を浴びることもなく毎日毎日塾通い、家庭教師、

目指せ開成、目指せ灘、目指せ麻布、目指せラサール、と

こんな風に育ちました人は、どうでしょうか?

それから、親御様が「あなたはママの言うことだけ聞いていればいいの」って、

あれもさせない、これもさせない、ほらこれ食べなさい、あれ食べなさい、


日陰でね、育ちました果実もね、

一応は実がなるんです。

知識という栄養、過保護という栄養を吸って、

実だけは大きく大きく育つのです。

茎は貧弱なのに実だけ外見は立派なものがなるんです。

ところがね、この実は決して美味しくない。

甘くないのですね。

社会人として、何かが欠けているのです。

んでもって知識をひけらかす以外何もできない人間になるのです。


ですからね、

赤ちゃんが何にでも興味を示す時期は大切ですよ。

それから、遊ぶことも、ゲームに夢中になることも、音楽や車に興味を示すことも、

異性に興味を示すことも、悩み苦しむことも、

万引きして警察に捕まることも、(これはお勧めしませんけど、)

ご自分から何かに興味を持って挑もうとされますことは全て大切な経験なんですね。


親御様はそれを頭ごなしに押さえ付けるのではなくてね、

お子様のそのご意思を尊重して差し上げて、

人生の可能性に向かって一緒に道を切り開くための方法を考え、

励まして差し上げて下さいましたら、

と思いますね。


それがね、素晴らしい未来社会にも繋がって行くのですから。
[PR]

by yskfm | 2009-10-02 08:20 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30