苦しき環境

もしあなたが、今現在何らかの苦しみの中におられるのでしたら、

考えてみて下さい。

その、あなたを苦しめている環境は、誰のための環境ですか?

あなたの中でね、その答えがあなた自身のための環境であると導き出されるのでしたら、

その苦しみは喜んで受け入れることではないでしょうか。

必ず、その苦しみはあなたをひと回りもふた回りも成長させて下さるはずです。

逆に、あなたの中でその答えが、あなた自身のための環境ではないと導き出されるのでしたら、

あなたは、あなたを苦しめるその環境から早急に離れるべきです。


あなたは、あなた自身であなたの属する環境を決定し、

望んでその環境に飛び込んで行くべきではありませんでしょうか。

神は私たちにその選択の自由をお与え下さったのですし、

何よりも、あなたの人生はあなた自身のものではありませんか。

あなたは、あなた自身の責任に於いて、

あなた自身が望む環境で、あなたにとって最適な生き方をしなくてはいけない。

そうしなくては必ず悔いが残りますでしょう。


一つに、命を怖れるから見えなくなってしまうのです。

たとえ残された命の時間が10年から1年に縮まっても、

一年が一日に縮まっても、

それは余り大したことではないのです。

誰だって人はいつか必ず死ぬのですから。

死んで実在界に帰るのですから。


一つに、欲もまた、苦しみを生み出すものですね。

金銭欲、名声欲、恋愛欲、

自らの欲のために苦しみに耐えて金銭を得る。

名声を得る。

愛する人の心を得る。

その生き方もまた、素敵なものであり、

それは誰も否定はしませんでしょう。

そしてその苦しみを生み出す環境も、

あなたのための環境でございましょう。

ただ、苦しみが嫌だというのでしたら、

金銭欲も、名声欲も、恋愛欲も離れて、

ご自身が求める真の生き方のできる環境を求めることでございましょう。


こうでなくてはいけない、と頑なに一つの考え方に固執しておりましてはいけませんね。

そもそもその、こうでなくてはいけないというあなたの中での頑なな決まりごとは、

一体どなたがお決めになられましたことなのでしょうか?

それがもし、神様がお決めになられましたことなのでしたら、

従わなくてはいけません。

でも、そうではないのでしたら、

その、あなたの中での頑なな決まりごとはね、

守る価値さえないのではありませんか?


あなたの、人生と言う一大事業と、

誰が決めたのかも知れない頑なな決まりごとはね、

天秤に掛けてみてどちらが重いのか、

勿論それは天秤に掛けるまでもないはなしではないかと思いますね。


おっさんもよく言われます。

会社に就職して働いたら?ってね。

最近はおせっかいにも置き薬の巡回の人に言われました。

おっさんはそんなにもダメダメな感じに見えるのでしょうか。

おそらくその人の中には、

人は誰でも会社に勤めて働かなくてはいけないのだ。

それが真っ当な人間の生き方なのだ、

という決まりごとがあるのでしょう。

でもね、ちゃんちゃらおかしいのですね。

一体何のためにおっさんが人に雇われて働かなくてはいけないのか、

あなたのなかでの偏狭なお考え、決まりごとをおっさんに押し付けないで欲しいと思うのですね。

自分にしか通用しないものさしで人を測ってはいけませんね。

視野が狭いにも程があるのですね。
[PR]

by yskfm | 2009-11-28 09:56 | 第二部、神理
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30