時代が求めるもの

一仕事終えますと、疲れます。

2、3日動きたくなくなる程に、疲れます。

仕事に、丹精込めておりますと、

そりゃ疲れます。

常に、実力の100%以上の力を意識しておりますと、疲れます。

疲れて、youtubeを眺めております。

小泉エリちゃんの、ごはんリレー、とか、

稲垣早希ちゃんの、ブログ旅、とか、

水曜どうでしょう、とか、

新しい動画が更新されていないか、チェックします。

勿論、落語教会の動画も、チェックします。


今は、女の子が旅をする企画がうけるのでしょうね。

女の子が辛い思いをして、少しずつ目標に近付いて行く、

その様子を、

視聴者が見るのが好きなのか、

テレビ局が女の子を困らせて楽しむのが好きなのかは知りませんけど、

まあ、どうも後者のように感じますけど、


悪趣味だなあって思いますね。

一つずつ歓びを増やして行くのならまだしも、

苦しみを味わせて共感を求めて行く、

そのテレビ局の意図するところは、

私には理解できませんけど、悪趣味だなって感じるのです。

誰も人の苦しむ姿なんて見たくはないのです。

幸せを、歓びを噛み締めている姿が見たいのです。


小泉エリちゃんなんかは、もうずーっとゴール直前で地獄に落とされたり、

そんなことばかり繰り返しているのですね。

稲垣早希ちゃんだって、

次から次へと、新しい企画、より惨い企画へと

登板させられているのですね。

それを拝見しておりますと、おっさんなどは、

いい加減に豪華な旅でもさせてやったらどうなんやと思うのですけど、


テレビ局と申しますと、公共的な色合いの強いものでございます。

ところが、昨年などを見ておりますと、

この公共的な色合いの強いテレビ局各社が年末に特定宗教団体の広告をこぞって流し始めた。

お金のためだったらどんな広告だって流すよ、ってところなんでしょうね。

これにはさすがのおっさんも驚きましたね。

公共的な色合いの強いテレビ局が悪魔に加担しているのです。

まあ、産経とか、悪魔に乗っ取られてしまった企業も多いですけど、

テレビ局もひょっとしますと悪魔に乗っ取られてしまっているのかも知れませんね。

そこに出ておりますタレントだって、

数人に一人はその宗教団体の信者なんですから。

そしてその信者同士、

信者が、信者を引き立て、前に出させ、というような場面がね、

様々な番組で見受けられるのですね。

それはもうおっさんでも虫唾が走るよな光景でございます。


今年はどうなのでしょうかねぇ。

また悪魔の広告がテレビ局各社で流されるのでしょうかねえ。

恐ろしい話でございます。


調和といいますものの姿を知らない人の多い時代も恐ろしいものですけど、

さらに人の苦しむ姿を放映する悪趣味なテレビ局といいますものや、

悪魔に乗っ取られたテレビ番組も恐ろしいものでございます。

人類は、もう、遅かりし由良之助、なのかも知れませんねえ。
[PR]

by yskfm | 2009-12-11 13:39 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30