夢日記

その時、私たちは幽界におりました。

ここも地獄化しておりまして、何度も何度も車を建物にぶつけている人がおりました。


交差点を渡る時に私の履いていたスリッパの片方が飛んで行ってしまいまして、

靴を探さなくてはいけなくなりました。

そうしますと、小さなお店がありまして、ウィンドウの中には様々なものが詰め込まれておりました。

そこに靴が一足だけありましてその靴をお願いしましたら、幾ら持っているか?と訊くのですね。

私は3千円しか持っておりませんでしたから、それを渡しますと、

本当は4千円なんだけど、あなたには3千円で譲ります、と仰られるのです。

きっとこの人は足元を見る人で、6千円持っている人には7千円だと言うのでしょう。

暫くしますと、その人は靴を袋に入れて歩いて行きます。

そうして近くの電信柱に引っ掛けるのですね。

その下には椅子がありまして、その様子を見ておりました人が私よりも早くその椅子に座ってしまいまして、

いえ、これは私の靴だよ、と追い払うのです。

そうして椅子に座っておりますと、靴を履かせて下さるのですね。

そうして何やら足に注射を打って下さる。

どうもそれはどこからか闇で仕入れてきたビタミン剤のようでございまして、

そこで目が覚めてしまったのです。

不思議な夢のお話でございました。
[PR]

by yskfm | 2010-01-28 09:59 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30