人気ブログランキング |

2008年 08月 24日 ( 3 )


古文の授業

そういいましたら、高校でこのような歌を教わった記憶がございます。

「かしのふに よくすをつくり よくすに かめるおほみき うまらに きこしもちおせ まろがち」

漢字にしますと、

橿の生に(かしのふに)
横臼を造り(よくすをつくり)
横臼に(よくすに)
醸める大神酒(かめるおほみき)
うまらに
聞こし持ち食せ(きこしもちおせ)
麻呂が父(まろがち)

深い意味は分からずとも、昔の歌は綺麗ですね。
ついつい口ずさんでしまいますね。

by yskfm | 2008-08-24 09:24 | 第一部、想ふこと

そして知る、私たちにふるさとは、

そして知る、私たちにふるさとは、

安住の地は、

実は用意などされてはいなかったのだと。

おまえは、まだふるさとに甘えるか、

母の胸に、父の膝に甘えるか、

それでも空蝉は、

おまえをいつまでも甘えさせはしないだろう。

だから、

おまえがふるさとになれ、

おまえが暖かな愛で魂を抱け、

そして人は強くなれる。

そのために神は厳しき試練を授けたのだ。

やがておまえたちも魂に帰る。

その時、神は暖かな胸に、

おまえたちを抱き迎えてくれるだろう。

その時に悟るだろう、命の意義を。

神の想いを。

by yskfm | 2008-08-24 01:28 | 第一部、想ふこと

どこにいても、何をしていても、

どこにいても、

何をしていても、

どんな生き方をしていても構わない。

ただ、あなたの心が幸せであればそれでいい。

心に忠実であること、

それだけで、全てのものは存在価値があるのだから。

急ぐ必要は何もない。

どこにいようが、

何をしていようが、

どんな生き方をしていようが、

誰もそれを責めたりはしない。

ただ、あなたの心があなたを責めなければ、

それだけでいい。

by yskfm | 2008-08-24 00:23 | 第一部、想ふこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー