2008年 09月 21日 ( 2 )


あっと言う間に夜が来て

一日プログラミングをしておりますと、もう気付かぬ間に夜でございます。

今は自分の使う事務処理プログラムを作っているのですけど、

毎日プログラミングに明け暮れますと、すぐに寿命が尽きてしまうのではないかと、

思うのでございます。

でも、私の以前勤めておりました会社ではね、

一日で作れる程度のプログラムが数十万円、

まあ、30万円以上は取っておりましたね。

その反面、開発が済むとアフターサポートは開発とは関係のない別部門に投げられて、

また期が変わりますと転勤やら部署移動やらで、

そんな状態でお客様の信頼を得ることも考えずによく経営できていたものだと思うのですね。

まあ、その分給料は良かったですけどね。

でもね、世の中もうどこを見回してもコンピューターばかりでございます。

あらゆる家電製品の中にもコンピューターはありますし、

リモコンの中にも、湯沸かし器の中にも、

自動車等の動力で動くものにも全てコンピューターが入っているのですね。

だからプログラマーは幾らおりましても足らないのです。

幾らでも需要があるのです。

ですから現代人は皆プログラム程度組めなくてはいけないのですね。

そうしましたら国力もますます増大して参りますでしょう。

不況なんて関係なくなりますよ。きっとね。
[PR]

by yskfm | 2008-09-21 23:19 | 第一部、日々のこと

記憶

最近、慣れないプログラミングなんてことをして遊んでおりますけど、
思いますに、文明は技術の積み重ねで成り立っておりますわけでございまして、
パソコン一つ取りましても、ダイオードの発見とか、トランジスタの発見がありまして、
そういった技術の蓄積で製作されましたノイマン型コンピューターに始まり、
それが進化に進化を遂げて、何十万、何百万もの技術の蓄積で、
私達が気軽にパソコンを使えるようになっておりますわけでございます。

ですから文明は一度崩壊されますとなかなか元に戻るのには時間が掛かるものでございます。
遥か古にはテラ文明、オーム文明、アスカ文明、アトランティス文明といった文明が存在し、
その痕跡がこの地球上に残っておりますようですけど、
何れの文明も高い技術の蓄積がありましたことは間違いのない事実のようでございます。

そしてまた、記憶といいますものも崩壊せずに蓄積されておりましたら、
人はどれだけ素晴らしい人格を形成できるのであろうかと思うのですけど、
忘却とは忘れ去ることでございまして、
人間はそれが得意なのですね。
忘れたくなくても忘れてしまう。
困ったものでございます。

でもね、忘却も神様のお慈悲でございまして、
実在界に戻りましたら、もう忘却することはできなくなるのですね。
全ての情報が心の奥に蓄積されているのですから、
高い次元に昇華すればするだけ、
忘れ去ろうとしましてもそれは難しくなるのです。

ですから実在界ではより調和を求めて生きておりませんと生きて行けない。
恨み憎しみを四六時中抱えておりますわけには行きませんからね。
ですから、発散して、忘却して、気分転換して、爽やかな気分になることのできるこの世界が、
一番気楽に生きて行ける世界なのではないかと思うのです。

忘れることのできる有り難さ。
忘れてしまいました分は、更に覚え直せば良いだけですね。
その努力を人は惜しんではいけないのだろうと思います。

そういった理由で調和という条件反射を備えた魂だけが高い次元に昇華するのですね。
調和できない魂は低い次元に留まるしかない。
ですから、不調和な記憶はすぐに忘却されてしまう。
この世界で不調和な文明がすぐに崩壊してしまう。
それもまた、神理に適ったことなのでしょうね。
[PR]

by yskfm | 2008-09-21 10:33 | 第一部、日々のこと
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー