<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


うどん屋、疲れ果てる

これはね、あるうどん屋さんの話なんですけどね、

生まれつきにおうどんが好きで好きでたまらない。

高校を出てすぐに四国に渡りまして、讃岐うどんの店で見習いを始めるのですね。

27歳の頃でしょうか、一軒のうどん屋を大阪に開業しまして、

ずっと今まで頑張ってきた。

ところがね、余り人気が出ない。


うどんを打つ腕には間違いはないのです。

美味しいのは美味しいのですね。

それでもいまいち客が来ないのですね。


ご主人は悩みましたね。

うんと悩みました。

朝から晩までうどんを捏ね、ダシをとってかえしと合わせ、

次第にそれがなんだか楽しくなくなって来たのですね。

今日は休もうかなあ、暫く休もうかなあ、

今日も客は来ないんだろうなあ、

いい加減嫌になっちゃうよなあ、

と、次第にうつむき加減になって参りまして、


で、そんなご主人を見兼ねて奥さんが声を掛けるのですね。

実家の長野に帰って暫く休養しましょう。ってね。


そんなわけで長野に帰ったうどん屋夫婦。

でもね、ご主人はやっぱりうどんが打ちたいのですね。

うどんを打って人に振舞う。

みんなが美味しい美味しいって食べて下さるのです。

ご主人はなんだか忘れてたものを思い出したようでね、

なんだか嬉しくなっちゃいまして、

店にいるときより余分にうどんを打っているのですね。


でね、なんで店にいるときにうどんを打つのが嫌になっちゃったのか考えてみた。

こんなにうどんを打つことが好きなのに、何で嫌になっちゃったのかなってね。

でね、次第に分かってきたのですね。


そうかオレはみんなが美味しいと言ってくれることを望んでいたんだ。

それで客が来ないからついつい元気がなくなっちゃった。

求めるからいけないんだ。

客が居ようが居まいがどうだっていいんだ。

オレはオレが美味しいと思ううどんを楽しみながら打ってたらいいんだ。

ってね。


そうして大阪に帰ったうどん屋は目の色が変わったようになって、

店にもなんだか花が咲いたようになって客で賑わい始めるのですね。


これはね、神霊の意識と共鳴したからですね。

世の中、当たり前だと考えられておりますことでも間違いは多いものです。

ひょっとしてその殆どが間違いかもしれないぞ、って私などは感じますけど、

反省する、内省する、

それは心の中の当たり前の日常と考えていたことに焦点を合わせて、

光を投げかけて考えてみるのですね。

そうしておりましたら、

次第に本質が見えてきて、間違った考え方や生活習慣、条件反射が現れてくるのですね。

そうしてそれを修正することによって運が開き始めるのですね。


それこそが神霊のお慈悲ではありませんか。

その繰り返しでね、必ず神霊の意識と共鳴するところまで行けるのです。

導かれるのですね。
[PR]

by yskfm | 2011-07-14 09:59 | 第二部、大地

人を動かす モスラを動かす

ユーチューブでモスラの歌を視聴しておりましたおっさんです。

モスラを動かすのも、如来を動かすのも、同じなんです。

菩薩の癒しの波動を受け取るのも同じです。

心がこもっているからこそ、歌声に乗って菩薩の癒しの波動が伝わってくる。

そうしますと、涙、涙、ですよ。

全ての人が感涙に咽びますでしょう。

ザ・ピーナッツさんの歌声は流石なもんです。


ところがね、これを一般人がいい加減に歌いましても、

菩薩の癒しの波動どころか、モスラだって動かない。

送霊(そうれん)の行列なんですね。

暗ーい、暗ーい、歌声なんです。

それはね、半音下がってしまっているから。

口角が下がって、本当に送霊の行列のように、とぼとぼとした歌声なんですね。


でもね、希望を持っている人は必ず口角が上がっているのですね。

ですから半音あがるのですし、

悲痛な叫びが表情に表れるのです。

その形から生じる心が菩薩を感動させ、

癒しの波動を招き、

人々を感動させ、

モスラを動かすのではありませんか。


七夕に何かを願うにしても、

送霊の行列が何を願いましても、

乙姫様も彦星様も知らぬ存ぜぬでございましょう。


そこに神理があるのですよ。


モスラを動かすにも、

七夕に願いを叶えるにも、

菩薩の癒しの波動で人々を感動させるにも、

いい加減ではいけませんし、

送霊の行列でもいけません。


口角を上げて、

上を向いて、

真剣に魂を成長させよとする、

その基本の姿勢があってこそ、

如来や菩薩の癒しや救済は生じるのではありませんか。


今、地上は地獄の価値観に塗れております。

権力や威厳といった力による支配が罷り通っておりますでしょう。

ですから誰に取りましても生き難い社会になってしまっているのです。


100人おりますたら100人が、

一万人おりましたら9999人が、

そういった地獄の価値観に囚われておりますでしょう。


でも、天の意識は全くの正反対なんですよ。

神の法による自由と平等の意識が当たり前なのですね。

ですから、互いに尊重し合うことができる。


ですからね、

この地獄の様相を呈しております地上に天の意識を掲げようとすれば、

そりゃあ口角を上げて前向きに上向きに訴えなくてはいけない。

如来や菩薩を、その悲痛な叫びの波動で揺り動かさなくてはいけないのですね。

そうやってこそこの地獄の様相を呈した地上に、

天の波動が伝わって行くのです。

光の波が及んで行くのですよ。


私にはカメハメハと言いますものがどんなものかは存じませんけど、

恐らくはそれに近いものがあるのでしょう。

そんな風に人の心を変えて行くことができるのではないかと思いますよ。
[PR]

by yskfm | 2011-07-08 13:31 | 第二部、大地

長い闘い

それは6月中旬から始まったのさ。

レンタルサーバー事業者と連絡が取れなくなって、

結局連絡は取れたけど、廃業するらしくて、

レンタルサーバーが使えなくなってしまうわけですから、

サイトのCGIの部分が全く動かなくなる、ってことなんですね。


それで、んじゃあ自宅サーバーをIISで作ってフォームの機能を代替させようかなってんで、

頑張って新しいWebサイトを作っていたのですけど、


実はね、Windows ServerというOSしかメールのエージェント機能が入っていないのですね。

おっさんのXPのOSではCGIからメールを送ることができないのです。

たとえばこれを、Apachiを導入しても同じなんですね。

CGIからメールの送信ができない。

それでメールで送らないでデータはデータベースに入れちゃえってんで、


プログラムを作ろうシリーズのVisualWebDebeloper2008

を参考に同時に10人しかアクセスできないIISサーバーを構築しようとしていたのですけど、


SQLサーバーが反応しない。

どうやっても読み取り専用ですってでちゃうのです。

で、今朝ようやくその原因が分かりまして、


いやあ、難しいもんですね。

この書籍はVistaのOSと、

VisualStudio2008

SQLサーバー2005

という環境の下で解説して下さっているのですけど、


利用可能なOSにはXPもあればVistaも7もあるのです。

VisualStudioには2005、2008、2010とあるのですし、

SQLサーバーには2005と2008とあるのです。

その組み合わせは18通りなんですね。

そしてそのひとつでもバージョンが違ってしまいましたら、

そのマニュアルの通りには行かないのです。


こまったもんですねえ。


結局、ちょと重かったので実稼動は見送ることにしましたけど、

同じようなことをしようとされていて、

同じような現象に苦しんでいる人は多いのではないかとおもいますね。


OSがXPのProfessional版の場合でしたら、

①エクスプローラのツールメニューの中のフォルダオプションですね。

表示タグをクリックして、その中の「簡易ファイルの共有を使用する」のチェックを外すのですね。

②それからエクスプローラでc:¥Inetpubの下のデータベースのテーブル関係の入ったフォルダに”コンピュータ名¥ASPNET”というユーザを作って書き込みか変更の許可を与えるでのですね。(ここはマニュアルどおりです。)

①の設定ひとつ違うだけで②のセキュリティー画面が出てこないのですね。

ややこし話でございますね。
[PR]

by yskfm | 2011-07-05 07:50 | 第二部、大地

体罰必要論

世の中には、未だにそういった、

体罰は躾のためには絶対に必要なのだというような、

まるで戦中から時間が止まってしまっているような、

偏狭な思想を頑なに守り続けております方がいらっしゃるようで、

戸塚何某とかが一時社会問題になったこともありますけど、

お粗末としか言いようのない残念な方々でございます。


私は、そういった方々は一度あちらの世界に戻ってしっかりと反省し直して下さるしかないかなと、

思うわけですけど


たとえばペットにだって体罰をもって接するとどのようになるのか、

考えてみられましたらすぐに分かりそうなものなのですけどね、

逃げ出そうとするか、

人に噛み付くか、

怯えたような目になって人を怖がるようになるか、

何れにしましても豊かな心の自由を失って社会に適合できなくなるのですね。


成績だって下がりますでしょう。

社会のお荷物になりますでしょう。

精神の病だって患いますでしょう。


一番可哀想なのはね、

不調和な心を抱え続けて苦しむ被害者なのですね。


おっさんにも経験があるから言うのですけど、

どうして世の親たちはそのような愚かなことをなされるのか、

それで子供が従順になったり、

信頼関係が築けたり、

すると思っていらっしゃるのでしょうか、


普通に、たとえば一般社会で暴力を振るう

それとね、

家族の権力者が構成員に暴力を振るう

それのどこが違うのでしょうか。


家族だからといってその反応に違いがある、

なんてもしお考えなのでしたらね、

どういった根拠で一般社会と家族関係に違いがあると思うのか、

考えてみられましたら良いように思うのですね。


そういうふうにね、

普通に考えてみられますだけで家族の在り方は自ずと見えてくるはずなのですね。

それが見えないとなりますと、よほどの節穴か大ばか者ということになりますね。


今でも、しかも政治家さんの中にもいらっしゃるようですけど、

時代が変化しても今なお心の中に戦時中の思想を抱えている。

これは果たして神の子供であろうか、悪魔の子供であろうか、

私などは疑わずにいられなくなるのでございますね。
[PR]

by yskfm | 2011-07-04 14:26 | 第二部、大地

ほとけのみち

ほとけ、という悟りを開いた者の魂の大きさはそりゃあ大きいものです。

大仏、なんてものではないくらいに大きいのです。

お釈迦様は悟りをお開きになられました折に宇宙を眼下に見下ろしたそうでございまして、


ところがね、そうではない人の魂の大きさは、

そんなには違わない。

五十歩百歩、

だれが偉いとか偉くないとか、そんなことは微塵もないのですね。


現世で名誉を受けた人も、たまたまか、

何らかの理由で霊的世界のお力添えがあって、

そうなっているのですね。


勿論、本人の努力もあったのでしょうけど、

努力だけではどうしようもないのがこの地上の定めでありまして、、、、、、


魂がでかい。

ですから人は生まれて参りますと、ガタイのでかいのが人格者なのだというような

まあ、滅多にはいらっしゃいませんけど、そういうお考えになられます方もいらっしゃるのです。

これはね、ないない、ですね。


ただ、魂がでかいのはね、

光の入る器がでかいってことなんですね。

愛の量が多いってことなんです。

何度も何度も、地上での厳しい修行を繰り返して、

器を次第に大きく実らせて行ったのですね。

それは一回の転生で成るようなものではなくてね、

約二千年に一サイクルの転生を何億年と繰り返して、

いや、もっとかな、

ようやく仏に至るのですね。


さいばばさんなんか、きっと素晴らしい魂だったんだろうなって、

おさんは感じるのでございます。
[PR]

by yskfm | 2011-07-04 09:37 | 第二部、魂

もののけ姫

昨夜、やっておりまして、何度目かになりますけど拝見しておりました。


神は人に、自由と想像力を、そしてまた、そのための言葉というものを与えられました。

そしてシシにはシシの、

生き物全てその種族に特有のものを与えられました。

それは種族の掟であり、課題であり、


私は、人が一番厄介な課題を与えられたのだと考えております。

支配するためではなく、調和を生み出すという課題ですね。

その課題にさえ気付けなかった人類は、地上を不調和の極みにしてしまっております。

そして、人類がもっとも優秀なのだと、その課題の上にあぐらをかいてしまった。


課題が厄介だからこそ、神は人類に素晴らしい能力を与えて下さったのですね。

それに人類は気付けずに、しかも心まで見失ってしまうというお粗末な状態が、

それが今現在なのですね。


科学や文明は素晴らしいものです。

でも、心を伴ってこそなんです。

心を失った科学は全ての心あるものを不幸にしてしまいますでしょう。


ジブリはそのことを知ってか知らずか知りませんけど、

美しい物語に仕立てたのですね。

これもきっと神のお導きなんでしょう。

そういう役割を担って宮崎さんやその他のスタッフが今生に生まれてきた。

そうではないかと思うのですね。


はりつめた~ゆみの~~♪
[PR]

by yskfm | 2011-07-02 17:32 | 第二部、大地
line

日々の生活や出来事など、斜め45度視線を傾けずに綴るブログ。思想から日常まで。♪オッサンぶろぐ♪♪  ☆手前味噌で口八丁手八丁足八本の世界をご堪能下さい。☆


by yskfm
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31